×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



 今日も外では雪が舞っています。
 ああ、なんと美しい事でしょうか。




そして今日もこの中で






 今日も母が見舞いに来てくれました。私の好きなりんごを持って。
 初めは友達も見舞いに来てくれましたが、最近は滅多な事がない限り来なくなりました。それも仕方ないでしょう。こんな所で身動きも取れない私といるより、外で自由に走り回りたいものでしょう。
 もう走り回る歳などではないかもしれませんが。
 母にも毎日来なくてもいいと言っているのですが、苦笑いをするだけで、次の日にはまた来てくれるのです。
 私への同情なのかもしれませんね。
 窓の外は雪が舞っています。ゆらゆらと、自由に。
 その姿まで羨ましいと思ってしまう私は、やはりおかしいのかもしれません。
 母がりんごをウサギ形に切ってくれました。もうそれで喜ぶほど子供でもないのですが、私は喜びます。
 母の中で私は変わらないのです。
 はらはらと降る冬の結晶は、寂しそうに踊りながら地上へと舞い落ちます。
 それのなんと美しい事でしょうか。
 いつか溶けてしまうその儚いカケラは、絶える事なく地上に降り注ぎます。
 外ではしゃぐ子供達の声が聞こえました。どうやら雪合戦をしているようです。
 なんと微笑ましい光景でしょうか。
 どこかの家の光が白い地面に反射しています。
 なんと神々しい輝きでしょうか。
 人々はそんな事もお構いなしに、足早に家路へと急いでいます。寒いので早く家で温まりたいのでしょう。
 なんとも寂しい事です。身近に感じるからこそ、外にある美しさに疎くなってしまうのでしょう。
 私はその美しさを痛いほど感じています。
 後のない者の悲しい(さが)なのでしょう。




 明日には雪は止んでしまうでしょうか。

 明日にも雪が見れるでしょうか。

 私は眠りの為に目を瞑ります。








 今日も外では雪が舞っています。

 ああ、外はなんと美しい事でしょうか。








Copyright(c)2005-沢野いずみ, Inc. All rights reserved.